友達と一緒に保健室登校していたことも。今は中学校に元気に通学しているよ。

小学6年生(当時)になる息子のはなしです。

学校で喧嘩をすることが6年に上がってから増えて、先生に私が呼び出されることもたまにありました。

自宅では特に目立った反抗などはないのです。普通は家で反抗して、学校ではいい子にしているのが普通だと思うんですが不思議です。

ある日、息子が学校から帰ってきたとき、顔に絆創膏を貼って帰ってきました。「その絆創膏どうしたの?」と聞くと息子は「別に」と答えました。

その時はとりあえずそっとしておいたのですが、やはり気になり息子の部屋に行き「何かあったの?」と聞きました。

息子は、中々言葉にできなく、少し待っていました。

そうすると、暮らすのボス的存在の子供と喧嘩をしたと言いました。

「なんで喧嘩なんかしたの?」と聞くとまた息子は黙り込みました。

「喧嘩の原因は?」と少し強い口調で言うと、「友達が、いじめられてる」と話始めました。

息子の友達は、内気で物静かな性格なようで、ボス的な子供たちのグループで、いじめられているんだそうです。友達のために喧嘩をしたんだそうです。

私は涙が出そうになりました。私そっと息子抱きしめて、「偉いね。きっと友達も嬉しかったと思うよ」慰めて上げました。

それから先生たちにも相談して、いじめられていた友達と一緒に保健室へ、登校するようになりました。

保健室に通えるようになるで多少の時間がかかりました。その後1学期が終り通信表を見たとき私はびっくりしました。

あまり勉強が得意ではないはずの息子の成績が伸びていて、息子の友達は勉強が得意ならしく教えてもらっていたそうです。

今は普通に中学校にその友達と通っています。

中学生のとき保健室登校してそれ以来教室にはいってない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です